<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
涙なしの約束
始まりがあったら終わりがあるけども。
でもさ、やっぱり、・・・あのね、こんなこと言ったらいかんってのは分かってるんだけど。
たとえばの話。
フ●のレギュラーがなくなったり。
T●Sのレギュラーがなくなったり。するとする。
きっとそれはそれで寂しいに決まってるんだけど。
でも、日テレの深夜枠での終わりは、やっぱり訳が違うんだよね。

こんなにも寂しいもんかって思う。
笑いながら泣くのってこんなんかって思った。
きっと今のタイミングでなくなることがもっともっと寂しい気持ちを大きくさせてる。
今だからこそ、必要なものって、なくなってほしくないものってあって。
それがなくなってしまう寂しさ。
今の嵐だからこそ、必要だったであろう柔らかい場所。
うん〜ん。
せめてスタッフ総出でお引っ越しがよかった、なんてわがままが口を動かすし。
図々しいくらい前向きたくても、振りかえって懐かしんで少しだけ嘆いてしまうし。

これからZEROのあとどうすりゃいい?(誰に聞いてる)
だって、聞きたくもなるだろー><。
だって、週はじめの深夜に元気をくれてた子たちに会えないんだもん。

これだけメディア露出も増えて毎日どこかしらでテレビつけてりゃメンバーに遭遇できる状況でも。
その数で「ひとつ」を補えるかって言ったらそうでないのよね。
数じゃなくて、ひとつひとつだから。
「ひとつ」への愛着。
それはやっぱり何にも変えられないんだろうなって思う。
代わりに新しいものが始まれば、またそれはそれ。
たぶん、きっとそれはまた大切なものになる。
だけどやっぱり「同じもの」じゃないから。

さて。
いつまでもぐちぐち言っててはいけません。

ご褒美にもらった番組。
見守ってくれたスタッフさん。
嵐を育ててくれた愛の溢れた場所。

メンバーやスタッフさんが一番さみしいに決まってる。
だけど、泣かずに前を向くこと。
いつもどおり、グダグダでゆる〜い空気の中で番組が進んでく心地よさ。
潤くんなんて金箔塗られて光ってるよ(笑)
あーほんとにさみしい。
智の目がうるんでるように見えたよ。
実はオグさんが一番さみしかったりして・・・。

また実験くんで逢えたらいいな。
もちろん同じスタッフさんで。
日野ちゃんの笑い声だいすきだからまた聞きたい(笑)

ほんとは一番に言いたいコトバ、言わなきゃいけない、「ありがとう」。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

いつか笑ってまた再会。
できたらいいなーーー。
続きを読む >>
* comments(0) * - * TV*shukudai
| 1/1PAGES |