<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ゴールドディスク大賞 | main | なんでも5つが嬉しい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
The fairy of the ice.

浅田選手、本当に本当に素晴らしかったです!
真央ちゃんは間違いなく、銀盤に舞った妖精でした。
本当に本当に銀メダル、おめでとう!

フリー直後のインタビュー。
悔し涙のワケはきっと、メダルの色が「銀」だったからじゃない。
自分の納得する演技が出来なかったことへの悔し涙だったのだと思う。
込み上げる思いを必死にこらえて言葉をひとつひとつ絞りだしてる姿に、もういいよ頑張ったよ充分だよと私は画面に向かってずっと言っていました。

解説の八木沼さんもおっしゃってましたけど。
浅田選手が跳ぶから3Aを跳べることが凄いことだと忘れてしまいがちだけど、これは本当に凄いことなんですよね。
ほんとに、歴史的快挙ですし、今、世界で3Aを跳べるのは浅田選手しかいない。
しかもそれをSP、FPで合計3回もすべてクリアに成功したわけですから本当に凄いこと。
なのに、点数・・・加点があれだけしかもらえないってのにはどうしても納得がいかないわけです。
基礎点だってもっと高くてもいいんじゃないかって思うくらい。

キムヨナ選手ももちろん素晴らしかったです。
見ていて惹きこまれますし、教科書どおりの正確なジャンプを跳びますしね。
表現力もありますし、首から肩にかけての魅せ方、ラインがものすごく綺麗でうまいから、あれだけの妖艶さが出る。
想像を絶するようなプレッシャーをモノともせず、優勝間違いなしだと言われて優勝してしまうことの凄さは本当に本当に素晴らしい。
きっと彼女の心臓には毛が生えまくっているのだと思います(苦笑)
でも、彼女の滑りはプロの滑りでした。
アマチュアの大会で、彼女の演技が数字で評価されることに少し違和感を感じてしまったんですね。

また近々、審査基準の改正が行われるそうですが。
今回のオリンピックで、今の審査基準では難しい技に挑戦すればするほど、優勝から遠ざかるという問題が浮き彫りになりました。
男子で銀メダルを獲得したプルシェンコも、4回転を決めているのに金メダルには届かなかった。
逆に、4回転を回避し、守りに入ったライサチェックが完璧な演技で金メダルを取った。
男子も女子も、優勝した二人の演技は素晴らしかったと思う。
完璧だったから。
でも、だったら難しい技になんか挑戦しないで、無難にまとめたプログラムを完璧に滑れば難しいジャンプを成功した選手の上をゆけてしまえるわけで。
そうすると、どの選手もメダルを意識した無難なプログラムばかり滑るようになっちゃうよね。
難しい技に挑戦する選手はいなくなるでしょうし。
でもそれは同時にフィギュアスケートのレベルをどんどん下げることになると思うんです。
完璧なのはもちろん素晴らしいことですけど。
技術的な評価をもう少しあげてほしいなってのが今回思ったことです。

今回、ロシェットが競技直前に母親を亡くして・・・。
こんなシナリオ、神様いらないよって思った。
国側は出るも出ないもロシェットに任せると言ったわけだけど。
それでもロシェットは棄権せず、出場。
そんなロシェットが、真央ちゃんに対して感謝の言葉を残してるんですね。

「マオにも感謝したい。果敢にトリプルアクセルに挑んだ姿を見て、私は悲しいことなんか忘れて正直、燃えたわ。ありがとう」

SPを終えた後、涙したロシェットを見て、私も思わず涙してしまったんですが、FPが終わった後は笑顔が見れて。
キスアンドクライに戻ってきたロシェットが画面に向かって「ママ見てくれてた?」って言ってる姿にはもう涙涙でした。
そんな深い悲しみにいたロシェットの心を動かしたのは、同じ氷上を滑る浅田選手だったんだよね。
なんだか、スポーツマンって素敵だなって思った。
ライバルでもある人から勇気をもらったり感動をもらったり。

芸術に携わる者として、こういった演技を点数に換算されて評価され、尚且つ順位をつけられるということは、本当に難しいことだなと思います。
時に観客の歓声、感じた感情とは裏腹に、点数や順位が出てしまうことがある。
でも、これはスポーツなんですよね。
表現力も必要、だけど原点に戻って考えてみると、技術的なものがやっぱり評価されるべきだと思う。
技術、その次に表現力、そして見ている人の心をどれだけ動かせたか。
これがプロのアイスショーなら話は別ですけど。

こんなけいろいろ私がここで叫んだとしても、なんにもならないと思いますし。
ただの負け惜しみだろうと言われてしまえばそれまでです。
でも、それだけ真央ちゃんの演技は素晴らしかった。
金メダルとか銀とか銅とかじゃなくて。
数字を越えた感動をもらいました。
最高地点まで到達してしまったキムヨナはもうこれ以上の高みはないわけです。
今の状態を維持するか、落ちるしかない。
唯一あるとすれば3Aを跳ぶことくらい。
キム自体も「全てが終わった」って言ってましたからプロに転向するのかな・・・。
これからの楽しみは、悔し涙を流していた真央ちゃん。
本来、銀メダル獲得で感涙してもいいところを、彼女は銀でも悔し涙を流した。
そう、神様はきっと彼女にまだがんばれることを教えてくれたのかなと思います。
3Aをモノにし、誰にも跳べない武器を持ってる真央ちゃんが、表現力を身につけたとき、とんでもないモノが見れる気がするのです。
真央ちゃんはまだまだ発展途上。
これ以上がんばらなくてもいいよって言いたいんですが、真央ちゃんからは不思議と無限なチカラを感じるんですよね。
本当に彼女の芯の強さ、素直さ、スケートに対する心、そして人間性。
どんなときでも一切言い訳はしない。
そして、今回も誰のせいにもしなかった。
結果を受け入れて、さらなる進化へと向かっている。
そんな真央ちゃんのすべてに惹かれます。
銀メダルが次へのステップと書いた真央ちゃん。
また新たなスタートラインに立って、進化していく姿を楽しみにしています。
本当にお疲れ様。
世界中の人が、真央ちゃんの滑りに感動したよ!




あっこちゃんも美姫ちゃんもすごくすごくよかったです。
特にあっこちゃんの滑りは私は大好きで。
WSSのストレートラインステップは毎回笑顔になれますし、感動します。
翔ちゃんも触れていましたね^^
SPでは緊張もあってか失敗もありましたが。
FPではほぼ完ぺきな滑りでしかも、のびのびと楽しそうに滑っていた姿がとても印象的でした。
滑りたくても滑れない時期を経験している彼女だからこそ、スケートを滑れていること自体幸せなことだと感じて、
しかも夢の舞台で滑れている嬉しい気持ちというのが爆発しているように見えました。
美姫ちゃんも、4年前のトリノからだいぶ成長していましたし。
彼女から「スケートをやっていてよかったと心から思えた。幸せでした」という言葉が聞けたのが何より嬉しかったです。
あとは、未来ちゃん。
最終滑走であれだけの演技ができる彼女にびっくり!
小さいときから真央ちゃんに憧れて、真央ちゃんのサインが書かれたスケート靴で練習していた彼女が、その憧れの存在である真央ちゃんと同じ最終グループで滑り、尚且つ終わってみれば4位という大健闘の結果。
未来ちゃん、20歳になったら国籍日本にしない?(笑)
彼女、スター性がありますね。
オーラがある。
真央ちゃんに似たところを感じたのは私だけではないはず。
出てきたころから注目はしてて、将来が楽しみだなーと思っていたらこんなに早く頭角を現すとは・・・。
将来がますます楽しみになりました。
キムの次は未来ちゃん?
真央ちゃんのライバルに相当する子がまたひとり、現れた気がします。





なんだか暑苦しく語ってしまいましたが、イチフィギュアファンの戯言だとスルーしていただければと思います(笑)
そこまで詳しいわけでもないんですけどね。へへ。
今日はフィギュアの話題のみで。
翔ちゃんのことも触れたかったけどやめときます。
スタミナ切れ(笑)
ただひとつ、ビジュが半端ないですね、相変わらずで何よりです・・・疲れ顔に出ないね。さすが。

ってことで、またお便りします。

* comments(0) * - * Mie*diary
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。